髪と酵素の密接な関係!育毛を促す働きとは?


髪と酵素の密接な関係!不足すれば薄毛が進むかも?

酵素は人間が生きていくうえで欠かせないものの一つ。
体内から酵素がなくなったら生きられないですから、
髪の生成にも大きく関与しています。

しかし、体内の酵素は加齢とともに減少してしまう。
齢を重ねるにつれ、太りやすくなる大きな要因です。

体内の酵素はあらゆる場面で活躍しているので、減少していけば
髪が生成されにくくなる。加齢とともに薄毛になっていくのも
酵素不足が要因の一つと考えられます。

酵素の存在は、薄毛対策において無視することはできないですね。
酵素が育毛にどのように関わっているのか考察してみました。

【スポンサードリンク】

酵素ダイエットが失敗する理由!

酵素ダイエットに励んでいる方の多くは、うまくいっていない方がほとんど。
酵素が不足していない人が、酵素ドリンクやサプリメントで酵素を摂取しても
効果はない。

肥満を解消するための要因の一つでしかないので、
酵素だけとっていれば、ダイエットできるわけではないですね。

そもそも魔法のダイエット方法など存在しないのですから、
生活習慣を見直さないと、ほとんど効果が得られないのは当然。

ダイエットと同様に薄毛の改善もおなじ。複数の要因がからみあって
引き起こされる脱毛は、魔法の毛生え薬は存在しないので、
育毛剤だけに頼ってもなかなか改善できない。

もちろん、酵素が不足しているからといって、酵素を多く摂取しても
それだけでは改善できないですが、
髪の成長を阻害している要因の一つを取り除くことはできます。



育毛に酵素が効く理由4つ!

1.   薄毛は男性ホルモンによる影響が大きいですから、
ホルモンを正常化させる働きがある酵素は、男性、女性どちらの薄毛にも
要因の一つを取り除く。

2.   ストレスや睡眠不足などから、自律神経やホルモンバランスが乱れると、
血流が悪くなり頭皮の血行も悪くなりがち。
酵素には代謝を助ける働きもあるので、頭皮の血流を促して
必要な栄養分が毛根にしっかり運ばれる。

3.   免疫力の低下は酵素不足によるもの。
「以前より風邪をひきやすくなった。治りにくくなった。」
というのは酵素が不足しているため。
加齢などにより酵素不足になると、免疫機能をつかさどる腸に
悪影響を及ぼしてしまう。
免疫力が下がれば、髪の生成工場である毛母細胞も弱体化して
元気な髪が生えなくなる。

4.   毛髪は体内の余った栄養素の結晶体なので、
体内の機能に不具合が生じれば、バランスが崩れて健康な髪が育たなくなる。
過剰飲酒やインスタント食品を食べ過ぎると、消化酵素として大量に
酵素を消費してしまう。
そうなると、代謝に使われるハズだった酵素まで消費して
毛髪の生成にはたらく器官も含めた各機能が低下する。



酵素を補給するには?

髪と酵素の密接な関係!不足すれば薄毛が進むかも?

体内には潜在酵素として「消化酵素」と「代謝酵素」がありますが、
食べ物などから補給できる「食物酵素」もあります。

主に生野菜に多く含まれており、加熱によって失われてしまう特徴がある。
そういった事もあり、生野菜などから作られる「グリーンスムージー」が
大注目されています。

ただ、生野菜は体を冷やすものが多く、うまく利用しないと頭皮が冷えて
血行が悪くなり、抜け毛を増やす原因にもなります。


また、酵素ドリンクやサプリでも摂取できるので、
必要であればこれらを利用してうまく育毛につなげましょう。



まとめ!

・酵素はホルモンバランスを整えて男性ホルモンの過剰を防ぐ。

・代謝を高めて頭皮の血行を促す。

・免疫力を高めて毛母細胞の活性化を促す。

・髪の生成に関わる器官を元気にする。


酵素をたくさん摂ったからといって、ちょくせつ薄毛の改善に繋がるわけではないが、
あらゆる場面で大活躍してくれるので、存在を無視すれば薄毛が進みます。

あるハズのものが不足すれば、マイナス要因になるのは当然ですから、
酵素を不足させない食生活を心がけるべきですね!