育毛剤を使うか迷った時に参考になる?育毛の失敗例3つ!

育毛剤を使うか迷った時に参考になる?育毛の失敗例3つ!

薄毛には薄毛が集まるので、育毛成功者や残念なことにハゲてしまった
失敗者の体験談を知る機会が多いです。

薄毛は遺伝的な要因が大きいので、近親者にも薄毛が多いのだから
周りに薄毛の人が多いのは当たり前とも言えますが…。

育毛成功者といっても、薄毛が進行していない現状維持の方ですが、
さすがに、ハゲあがった方でフサフサ頭に戻った方は知らないですね。
育毛剤を使うか迷っている方の参考になれば幸いです!


【スポンサードリンク】

安易に育毛剤を選ぶと失敗する!

育毛剤を使い始める時に、何の根拠もなく何となく効きそうだからと思って
育毛剤を使いはじめる。

そうすると、12ヵ月で効いているのか判断しようとします。
なぜなら、何となく選んでいるから長期的に物事を捉えることができない。

人間はなにか行動したら、それに見合った良い結果を求めてしまう生き物。
よく考えて選んだ育毛剤でもすぐに判断しがち。
それなのに何となく選んでしまうと、続けられる確率がグッと下がります。


ヘアサイクルの周期からすれば、細い髪が抜けて新たに太い髪が育つためには、
半年から1年は必要。

育毛剤を12ヵ月使ったくらいで得られる効果は、抜け毛が減ったり
根元にコシが出たりするくらい。

死んだ組織である毛髪が太くなるという育毛剤(ヘアーリスペクト)もありますが、
ほとんどの育毛剤は、短期的にそんな効果は期待できないですね。

それで次から次へと育毛剤を変えまくって、薄毛が急激に進行してしまい、
頭皮が透けた状態に。この方はメチャクチャ早かったです。

育毛剤を変えまくったのがいけなかったのか、元々そういう運命だったのか
は分からないですが、頭が残念なことに…。

そうならないためには、最初の育毛剤選びがとても重要。
長期的に物事を捉える人が人生の成功者、短期的にとらえる人は一般人
という事と育毛もおなじで、長期的にとらえる人がうまくいきます。



初期脱毛が怖くなってやめたら…

育毛剤を使うか迷った時に参考になる?育毛の失敗例3つ!

医薬品であるリアップは発毛剤ですが、リアップを利用した場合、
稀に初期脱毛といって一時的に抜け毛が多くなることがあります。

ただし、この初期脱毛があらわれるということは、ヘアサイクルを正常に
戻すためのプロセスであって効いている証し。
つまり、元気な髪が生えてくるために邪魔な髪が抜けるだけ。

初期脱毛は人によって時期や期間はバラバラのようですが、
一気にごっそり抜ける場合もあるようで、
ビックリして止めてしまうと、抜けるだけで生えてこなくなります。

緩やかに効く医薬部外品の育毛剤では、初期脱毛が起きるケースは
ほとんど無いようですが、育毛剤の特徴をあるていど把握してから
利用するべきですね。

ちなみにこの方は、その後ちがう育毛剤を使って、ごっそり抜けた時よりは
回復しましたが、初期脱毛まえの状態には戻らなかったです。



間違った情報に振り回される!

育毛剤を使うか迷った時に参考になる?育毛の失敗例3つ!

ネットはたくさんの情報を得られるので便利ですが、情報があふれているので
どれが正しいのか判断することが難しい。

正しいことより、間違った情報のほうが多いと思ったほうが、
情報に振り回されて育毛に失敗する確率が低くなります。

何が正しくて何が間違いなのかは、自分が実践してことを基軸に判断したほうが、
育毛に成功する確率がグンッと上がります。


情報に振り回されると、不安や迷いがでて判断能力が低下する。
続けていればうまくいったハズなのに、不安という感情には思考は勝てないですから。

もともと人間は、感情というフィルターを通して物事を捉えているので、
客観的に判断することができない生き物だということだけは、
知っておいたほうが良いです。

人の体質はそれぞれですし、食べ物の好みや生活習慣が違うのですから、
育毛剤の効果の出方も違います。

そもそもハゲは遺伝的な要因が大きいのですから、近親者に薄毛の人がいれば
遺伝に対抗できる育毛剤を選ばないといけないですね。

遺伝するのはコレ⇒ 何が遺伝してハゲの原因?

それと同時にストレスや睡眠、過剰飲酒、喫煙などなど…、
髪の成長を阻害するものは、徐々にでもいいので排除していかないと、
育毛剤だけに頼っては効果を得るのは難しくなります。



最後に!

育毛剤を使おうか迷っているなら、すでに兆候を感じているわけですから、
断然利用したほうが良いですね。

早く使えば、現状維持程度の効果しかなかったとしても、
5年後、10年後にはメチャクチャ差がついています。

失った髪をとり戻すのは、副作用などの心配をしながら治療したとしても、
満足いく改善は難しいですし、治療費がさらに心配ですね。
とくに最初に使う育毛剤はしっかり選びましょう!


関連記事