男性と女性の薄毛原因の違いと特徴!使う育毛剤も違うのか?



同じ薄毛といっても男女では、症状が違えば原因も違います。

原因が違うのに、同じヘアケア商品では効果があるかもしれないが、
無いかもしれないという事になりますね。

ほんの少しズレても薄毛の改善はうまく行かないですから、
同じ薄毛予備軍であっても、男女それぞれの原因にしっかりアプローチしたいものです。

男女それぞれの薄毛の特徴から、効果的な成分は何なのかも含めて紹介します!

【スポンサードリンク】


男女で違う薄毛と抜け毛の原因

男性と女性の薄毛原因の違いと特徴!使う育毛剤も違うのか?-1

ストレスや生活習慣が起因して、薄毛や抜け毛の増加となるのは
男女共通の薄毛原因ですが、そのメカニズムには大きな違いがあります。

男性では、男性ホルモンが還元酵素5αリダクターゼの働きにより、
髪の成長を止めてしまうDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることで
脱毛にいたります。

男性ホルモンそのものが悪いわけではなく、
還元酵素と結びつかなければDHTが生まれないですし、
血中の男性ホルモンが適度に消費されていればDHTの産生が減ります。

還元酵素と結びつく感受性と、還元酵素の量は遺伝により受け継がれるため、
父親や母方の祖父に薄毛の人がいると、ハゲやすい素質を受け継いでしまう。



対して女性の薄毛は、女性ホルモンの影響が大きい。

女性ホルモンは髪の成長を促したり、髪の成長期間を持続させたりする働きがあり、
髪のツヤやハリにも大きな影響力を持っているため、
何らかの理由で女性ホルモンの分泌量が減ると、パサついたり抜け毛が増えたりします。

30歳以降はこの女性ホルモンが減少していくので、ボリュームがなくなりますし、
産後にも抜け毛が一時的に増えるのは、女性ホルモンの分泌量の増減によるもの。

そういった要因のない20代であっても、
ダイエットや睡眠不足、ストレスにより、ホルモン分泌に乱れが生じ、
抜けてはいけない髪まで抜け落ちてしまいます。



男女で違う薄毛の特徴

男性と女性の薄毛原因の違いと特徴!使う育毛剤も違うのか?-2

男性の薄毛の90%以上はAGA(男性型脱毛症)によるもので、
局所的に脱毛が進んでいきます。

おでこの生え際からしだいに後退していくM字型タイプ、
頭頂部から脱毛が進むO字型タイプ、複合的なタイプもありますが、
大きく別けると2種類ですね。

対して女性の場合、頭髪全体が徐々に細くなっていき、本数も少なくなるので、
髪のボリュームがなくなります。



男性の薄毛に効果的な有効成分と育毛剤


男性の脱毛はDHTによる現象なので、DHTを抑制すれば脱毛が進まないので、
そういった成分が必要となります。

AGA治療内服薬である「プロペシア」や「ザガーロ」には、
還元酵素の働きを阻害する「フィナステリド」や「デュタステリド」が
それぞれ含まれており、脱毛を抑えるという意味では効果的。

また、発毛剤としてお馴染みのリアップの成分である「ミノキシジル」は、
頭皮の毛細血管を拡張して、髪を産生する毛母細胞を活性化させるため、
発毛させるという意味では効果的。

どちらも、発毛と脱毛抑制の両方を備えているわけではない為、
併用使用することで相乗効果が高まります。


しかし、これらは全て医薬品。とうぜん使えない人がいるのも確か。
使用できたとしても副作用が生じるケースもあり、敬遠される人もいます。

個人的にもリアップX5使用時に経験していますが、血圧の低下や動悸、頭皮のかゆみ。
健康被害とまではいかない軽微なものですが、
こうした症状が慢性的にあるよりは無いほうがいいですね。


そこで多くの人に選ばれるのが、医薬部外品や発毛促進剤などの育毛剤。

「キャピキシル」や「オウゴンエキス」「ヒオウギ抽出液」などは
髪の成長を止めてしまうDHTの抑制効果が示唆されており、

また、「センブリエキス」や「M-034」「ニンジンエキス」「ヒオコシエキス」などは、
頭皮の血流を改善して毛母細胞の活性化が期待される成分。

育毛剤のなかにはアルコール成分が強く、頭皮に過剰な刺激を与える商品もありますが、
アルコール成分は控えめで、上記の成分がバランスよく配合された育毛剤が
男性には効果的です。



女性の薄毛に効果的な有効成分と育毛剤


女性の場合、プロペシアなどの内服薬は使用できません。触れることもNG

唯一の外用薬であるリアップも、ミノキシジル1%の濃度の低い「リアップリジェンヌ」
だけしか利用できません。

これはたくさんの臨床データが存在する男性と違い、女性の臨床データは乏しいので、
リアップX5のようなミノキシジル5%を使用した際の副作用が懸念されるため。


女性でも、ほとんどの人が医薬部外品や化粧品のカテゴリーに入る
女性用育毛剤が選ばれています。

薄毛原因の多くは、ホルモンバランスの乱れである女性ホルモンの減少ですから、
女性ホルモンを補うことが大切。

女性ホルモンに似た働きをする「イソフラボン」は、大豆食品などに含まれていますが、
「大豆たん白水解物」や「ヒオウギ抽出液」「イザヨイバラエキス」などにも
含まれており、こうした成分を含んでいる育毛剤なら効果的です。



使う育毛剤はどれが良いの?

男性と女性の薄毛原因の違いと特徴!使う育毛剤も違うのか?-3

医薬品以外であれば、男女兼用の育毛剤もたくさん発売されており、
結局どれが良いの?という感じになりますね。

薄毛男性層をメインとしている育毛剤であっても、
ホルモンバランスを整える役割で配合されている「ヒオウギエキス」などが
配合されており、女性ホルモンを補うことも出来るので、
女性が使っても効果は得られるでしょう。

しかし、女性用育毛剤を男性が使っても、脱毛を抑える成分が含まれていない為、
効果を得るのは難しくなります。その分価格は安いですが、
男性は脱毛原因にアプローチできる成分が含まれた育毛剤をしっかり選びましょう!