大豆食品が苦手でも、黒豆きな粉で無理なく育毛!


大豆食品が苦手でも、黒豆きな粉で無理なく育毛!

大豆は栄養価の高い食品。育毛のためには、大豆に含まれるイソフラボンを
是非とり入れたい。

そう思っていても、大豆製品があまり得意でない方もおられるのでは
ないでしょうか?

そういった私のような方でも、毎日ムリなく摂取することができる安い食品が、
きな粉。大豆をすり込んで粉状にした食品がきな粉ですが、大豆をそのまま
食べるより、育毛に良いイソフラボンを簡単に多く摂取できます。

きな粉といっても種類が多いですが、なかでもアントシアニンも含まれている
黒豆きな粉が育毛目的にはおすすめです。
その効果と摂り方を紹介します。

【スポンサードリンク】

黒豆きな粉の効果!

黒豆は大豆と同様に栄養が豊富。大豆には含まれていない黒豆や黒ゴマに
含まれているアントシアニンには、ダイエット効果や生活習慣病の予防・改善
といった効果もあります。


【イソフラボン】

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることから、
AGA(男性型脱毛症)を阻害する効果が期待できる。

女性の薄毛原因は、ホルモンバランスの乱れが関係していると
考えられていますから、ホルモンバランスを整えて薄毛の改善が期待できる。

イソフラボンには、強い抗酸化作用があるので、生活習慣病の予防にも
効果があると言われています。

詳細はこちら ⇒ イソフラボンの育毛効果とは?


【アントシアニン】

大豆にはなく、黒豆にだけ含まれているポリフェノールの一種アントシアニンは、
肥満の方にはうれしい肥満の抑制や血糖値の抑制などの効果があります。

肥満の人に薄毛が多いと言われていますから、そういった面では一石二鳥。

また一説には、眼精疲労にもアントシアニンが良いと言われています。


【イノシトール】

イノシトールには、神経細胞の活性化を促す働きがあり、育毛効果が
期待できます。

神経伝達や脳活動を正常に保つには、神経細胞を活性化させるイノシトールは、
欠かせない成分。その事から、発毛・育毛などの頭皮へ指示する伝達も
担っている。

ですから、イノシトールが不足していなければ、頭皮環境が健康に保たれ、
抜け毛や湿疹などの頭皮トラブルを避けられると考えられています。

またイノシトールには、動脈硬化の予防や脂肪肝を防ぐ効果がある。
十分に摂取していれば、血管・肝臓にたまりやすい脂肪やコレステロールの
流れが良くなり、生活習慣病の予防にもなります。


【タンパク質・リノレン酸・ビタミンE

黒豆も大豆の一種ですから、当然髪に必要な良質な植物性タンパク質が
豊富に含まれています。

またリノレン酸は、体内ではDHAEPAに変換され、血栓や動脈硬化の予防に
効果的な成分。抗酸化作用のあるビタミンEとともに、血液をサラサラにして
血行が促進されることで、十分な栄養が頭皮に行きわたる。



きな粉牛乳がおすすめ!

大豆食品が苦手でも、黒豆きな粉で無理なく育毛!

毎日続けることが育毛には大切なので、牛乳にきな粉を混ぜて飲むことが、
いちばん習慣化できそうです。

牛乳にきな粉を混ぜるだけですから、材料さえあればいつでも作って
飲むことが出来る。問題はきな粉の量。

欲張ってたくさん混ぜると、飲み辛くなり続かなくなりますから、200ml
牛乳に大さじ1杯のきな粉が最適。

ポイントは、冷たい牛乳に混ぜても溶けにくいので、少量のお湯にきな粉を
溶かしてから、牛乳に混ぜると粉っぽさがなくなり飲みやすいです。

また甘さが欲しいという方は、砂糖やはちみつを少量加えると
美味しくなります。



最後に!

実際に数ヵ月間、きな粉牛乳をためした方のなかには、

フケが少なくなった。

髪にハリ・艶が出た。

そういった方も少数おられるようですが、ほとんどの方は、髪の毛に
変化ナシのようです。

きな粉で薄毛が改善すれば、魔法の毛生え粉ですから、改善までの効果は
期待できませんが、髪に必要な栄養を欠かさないためには、きな粉は
十分期待できる。

何事も継続が大切ですから、安くて簡単に摂取できる黒豆きな粉は、
摂取する価値が十分にあると思います!

もっと効率よく美しい髪を育てるにはサプリが効果的!おすすめの育毛サプリはこちら

⇒ おすすめ男性育毛サプリ比較ランキング


また、『モサイン』というサプリにもAGA(男性型脱毛症)の原因ホルモンである
DHTをブロック成分と一緒に含まれているので、効率よく育毛をうながせます。