5αリダクターゼの抑制が薄毛の改善!?



成人男性の脱毛症状の95%がAGA(男性型脱毛症)

ハゲ・薄毛で悩むほとんどの人が、これに関与していると
いうことですから、育毛を志す我々にとって、AGA(男性型脱毛症)は
目に見えない巨大な敵ということになります。

そのAGAの原因に大きく関わるのが、男性ホルモンのDHT
(ジヒドロテストテロン)という物質です。
DHTは、男性ホルモンのTH(テストステロン)が5αリダクターゼという
還元酵素の働きにより生成されるものです。

5αリダクターゼを抑制できれば、ハゲ・薄毛の進行を食い止められる確率が
高くなります。

【スポンサードリンク】

DHT(ジヒドロテストテロン)とは

このDHTは、TH(テストステロン)の10倍~100倍も髪の毛の成長を
妨げてしまうといわれています。

ですからAGAの対策は、DHTを作り出さないことが重要で、それを生成する
作用のある5αリダクターゼの抑制がカギとなるのです。

またDHTは、薄毛・体毛の増加・精力減退・前立腺肥大等の作用が
あるといわれていますから、厄介者です。



2種類の5αリダクターゼ

5αリダクターゼには、Ⅰ型5αリダクターゼとⅡ型5αリダクターゼの
2種類。

【Ⅰ型5αリダクターゼ 】

脂性のタイプの人が多いといわれています。陰毛・わき毛・ひげ・頭髪など、
発毛部分全体に存在する。 頭皮の毛根では皮脂腺に多く存在します。


【Ⅱ型5αリダクターゼ 】

ひげが濃い人に多いといわれています。主に、ひげと前頭部に集中し、
頭皮の毛根には大切な毛乳頭に多く存在します。

最近では、Ⅰ型5αリダクターゼよりもⅡ型5αリダクターゼのほうが
脱毛の作用を強めるといわれています。





5αリダクターゼの抑制には!

【プロペシア】

専門機関でのAGA治療は基本的にⅡ型5αリダクターゼの抑制が
治療の中心。

現在効果があると報告されているのが、プロペシア
(有効成分フィナステリド)です。

プロペシアは、飲む育毛剤として広く知られるようになったもので、
医師から処方される育毛剤。

臨床実験では、薄毛に悩む人の78割が抜け毛・薄毛の改善が
認められたと報告されています。


しかし、プロペシアは少数ながら精力減退などの副作用の
報告もあります。

また、Ⅰ型5αリダクターゼには効果が期待できないようで、
合わない場合は抜け毛の増加、初期症状として脱毛するケースもある。

プロペシアで効果があったとしても、服用するのをやめると再び
AGA(男性型脱毛症)が進行しますから、永久的に服用し続けなくてはいけない。

AGA治療薬として認証されているとはいえ、プロペシアは薬ですから
様々な注意点があります。

Ⅰ型、Ⅱ型5αリダクターゼ両方を抑制するアボルブがありますが、
プロペシアと副作用を比較した詳細はこちら


【ノコギリヤシエキス】

ノコギリヤシに含まれている成分のフィトステロールとオクタコサノールは、
プロペシア(フィナステリド)と同様の5αリダクターゼの抑制作用がある
といわれています。

また、ノコギリヤシは、5αリダクターゼⅠ型とⅡ型の両方の働きを
抑えるといわれ、ほとんど副作用の心配がない成分。
5αリダクターゼの抑制に有効といわれているその他の成分には、
亜鉛やビタミンB2B6などが知られています。

また、アロエやみかんなどの皮に含まれるエキスにも5αリダクターゼを
抑制する作用があります。



最後に!

薄毛の改善のために、5αリダクターゼを抑制しようとする場合、
現実的にはノコギリヤシや亜鉛などを含むサプリなどの利用が効果的。

また、普段の食生活を見直し、育毛に良い食事を心がけることが、
現時点でのベストな対策ですね。


抜け毛が多くて早めの対策をしたい方は、私も利用している
『チャップアップ』がおすすめです。




関連記事