フィンジアの効果は平均してどのくらいの期間が必要?


いったいフィンジアは、どのくらいの期間で効果が実感できるのでしょうか?
フィンジアを使い始めたけど、「いつになったら効果が実感できるのか?」という口コミがある反面、「1ヵ月目で効果を実感!」「3ヵ月で地肌が隠れました!」というスゴイ効果の口コミなど様々。
フィンジアの育毛論理からすれば、さすがに3ヵ月くらいで地肌が隠れるほどの効果は稀でしょう。こうしたスゴイ効果を鵜呑みにして、過剰な期待からガッカリして挫折する前に、平均してどのくらいの期間が必要なのか?を紹介します。

【スポンサードリンク】

フィンジアの効果は3~4ヵ月が目安


フィンジアの効果を実感するには、最低でも3~4ヵ月が必要。その理由は髪が抜けたり生えたりを繰り返しているヘアサイクルが影響しています。

ヘアサイクルは「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」⇒…という3種類の期間を繰り返しており、それぞれの期間の状態は、

成長期:毛乳頭から発毛指令を受けた毛母細胞が分裂を繰り返すことで、髪が成長する期間。(2~6年)

退行期:髪を成長させてた毛母細胞の分裂が急速に衰え、毛球の縮小とともに毛根が頭皮の浅い所に移動していき、抜けやすい状態になります。
 (23週間)

休止期:毛母細胞の分裂が完全に停止し、髪が成長しない状態。新しい髪が生えるための準備期間なので、髪も抜けやすくなります。(3~4ヵ月)

薄毛になってくると、この「成長期」が短縮されてしまい、数ヵ月~1年となる場合もあり、髪がほとんど成長しない間に、「退行期」に移行して抜け落ちてしまうのです。

短くなった「成長期」を正常に戻すのが育毛剤の役目ですが、そもそも新しい髪が生えるための準備期間である「休止期」が3~4ヵ月を要すため、元気な髪が生えはじめるには最低でも3~4ヵ月は必要になります。

ですから、一般的には平均して3~4ヵ月は必要。生えかわる髪が地肌を隠すくらいまで育つには半年~1年くらいは必要でしょう。



フィンジアの育毛効果の期間に差がでるのは?


ヘアサイクルからすれば効果を実感できるのは3~4ヵ月になりますが、人により効果に差がでるのは体質が影響するとともに、その他にも色んな要素があります。

フィンジアを使う前に他の育毛剤を使用していたとか、プロペシアなどの内服薬を併用もしくは中止したとか、育毛サプリを併用しているとか、

ほとんどの口コミ等では、フィンジアだけとは言及しているわけではないので、良くも悪くも育毛効果にバラツキが出るのは必然ですね。

また、ケアアイテムはフィンジアだけでも、食生活などの生活習慣をこの機会に改善していれば、相乗効果があってもおかしくないですしね。



フィンジアで「効果なし!」と感じるパターン

フィンジアの効果は平均してどのくらいの期間が必要?-5

例えば、私の場合であれば以前に「リアップX5(ミノキ5%)」から「リアップジェット(ミノキ1%)」に変更した際、1ヵ月半で脱毛が始まった経験があるため、

フィンジアを使う前に、フィンジア以上に効果のある育毛剤を使っていれば、当然「効果なし!」となります。

フィンジアを使い始めたら、大量の抜け毛という事にもなり得ますし、プロペシアなどのAGA治療薬を使用していた人が中止して、フィンジアだけにすれば脱毛が再開する可能性も。

よく初期脱毛が取りあげられていますが、これらのパターンはとうぜん初期脱毛ではないので、ハゲが進むだけなので要注意です。

また、フィンジアは健康被害を与えるほどの副作用は考えられないですが、頭皮の痒みやかぶれ、炎症などは他の育毛剤同様に生じることがあります。

敏感肌の私でもフィンジアで何も問題はなかったですが、頭皮への浸透性を高めるために含まれている「カプサイシン」の刺激を感じるので、もしかすると人によっては痒みなどが生じることも。

頭皮がNGサインを出しているのに、無理して使えば育毛どころではなく、抜け毛を増やすだけなので、そういった時には我慢せず中断しましょう。





最後に!

フィンジアはどちらかといえば、脱毛の抑制に関してはリアップ同様に効果が低い傾向にあるように感じます。

フィンジアの主要な育毛成分である「キャピキシル」と「ピディオキシジル」はどちらも丈夫な髪に育てる作用なので、リアップの有効成分である「ミノキシジル」に似てます。

「ミノキシジル」の臨床データでも、6ヵ月目からグッと効果を感じる人が増えているので、やはりフィンジアも使い始めて6ヵ月くらい経ってから、判断するほうが妥当でしょう。

実際には、3ヵ月経っても何も変化なしだと心が折れやすいので、あまり過剰な期待はせず、黙々と継続するくらいが丁度いいように思います!


関連記事