若ハゲにはチャップアップ、おすすめする3つの理由!


若ハゲにはチャップアップ、おすすめする3つの理由!

若ハゲには「チャップアップ」がしっくりきます。
髪が薄くなる原因はたくさんあり、それら11つ的確にアプローチできるか?
といえば、まず個人では無理ですね。

複数の要因から、自分はこれって見つけることが至難ですから、
すべてにケアできる秀逸な育毛剤が必要です。

その最有力候補となり得ると思うのは、やはりチャップアップ!
おすすめする3つの理由を紹介します。

【スポンサードリンク】

髪が育つ体質に改善する!

健康な身体であれば、毛髪は自然に生えてくるもの。
どこかが不調になると、髪は体内の余った栄養素の結晶体なので、
髪の合成に不具合が生じます。

髪を構成するアミノ酸不足も不具合の1つでしかないですし、
頭皮の血行不良が原因かもしれない。

ピンポイントで自分の若ハゲの原因を追究しようとしても、
専門家でない一般人には、的外れになる可能性が高いです。

専門家でも、試してみて良い結果が得られてからこれが原因だったと
結論付けるものですから、個人で若ハゲ対策をするなら、
たくさんの角度からアプローチするべき。

チャップアップであれば、
・脱毛を進めるDHTの抑制

・血行促進

・抜け毛を抑制する

・保湿に働いてフケや痒みを抑える

・皮脂の過剰分泌を抑制する

・髪を構成する18種類のアミノ酸のうち13種類配合

といった感じで、髪と頭皮のトータルケアができます。
10年後、それ以上先のことを考えても、トータルケアに努めたほうが、
ストレスを抱える確率がグッと下がります。



遺伝からの薄毛予防にも有効!

遺伝は薄毛になりやすい素質を受け継ぐ。AGA(男性型脱毛症)の
原因酵素5αリダクターゼだったり、男性ホルモンだったりしますが、
もう1つは感受性が遺伝します。


要するに、5αリダクターゼが働きにより、男性ホルモンが髪の成長を
止めてしまうDHTに変換されなければ、遺伝による脱毛が進まない。

5αリダクターゼの阻害、もしくは男性ホルモンの抑制が出来れば、
遺伝に対抗も可能。

それには、AGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)や
ザガーロ(デュタステリド)が有効ですね。

しかし、副作用の心配があり、臨床結果ではプロペシアは約4%、
ザガーロは約10%の副作用があるといわれています。


そのうえ、医療機関から処方してもらわないと、
体にどのような不具合が生じているか、自分で判断するのはリスクが高いため、
健康保険のきかない高額治療になる。

チャップアップには、5αリダクターゼが働きを阻害する「オウゴンエキス」、
男性ホルモンの過剰を抑制する「ヒオウギエキス」といった
優れた成分が配合されている。

また、プラス1,690円でセット購入できるサプリも同時に利用すれば、
プロペシアやザガーロと似た働きをする「ノコギリヤシ」も配合。

育毛剤、サプリどちらも植物由来成分であるため、その成分に対しての
アレルギー以外は、副作用の心配がほとんどないですから、
長期的な視点で考えれば、良いところ取りの育毛を行えます。



他人に悟られることなくこっそり育毛できる!

若ハゲにはチャップアップ、おすすめする3つの理由!

ある程度の年齢に達していれば、育毛剤の利用は気にならなくなるが、
若くして育毛剤の利用には、自分以外の人に知られたくない方も多いようです。

20155月のリニューアル後、チャップアップの容器に「薬用育毛剤」
という表記がなくなり、見た感じでは何の商品かわからないので、
自分以外の人に知られることなく利用できます。

また、送られてくる箱も育毛剤とは書かれていないので、
家族にも悟られないので、ストレスなく育毛に励めます。



最後に!

もう1つおすすめのポイントは、継続して利用しやすい17,400円という
価格ですね。10,000円オーバーの育毛剤が多いなか、
サプリとセット購入しても9,090円(定期購入)は育毛ユーザー想い。

いくら良い育毛剤を使用しても、経済的な負担が大きいと続かないですから、
薄毛を加速させることにも繋がる。

医薬品であれば、リバウンドや体質の変化で効果が劣化するなど、
あらゆることを想定しないと、すこし先の未来に陰りがでます。

そういう心配がまったくないとは違いますが、
チャップアップなら抜け毛を抑制しながら緩やかに効く育毛剤なので、
髪が生える体質にゆっくりシフトすることができます!



関連記事