おすすめ育毛剤を成分で評価した比較ランキング!


おすすめ育毛剤を成分で評価した比較ランキング!

育毛剤は、他人に効果があったとしても、自分に効果があるとは限らないですね。

しかし確率は上がりますから、口コミなどを参考に育毛剤を選ぶのもいいですが、より確率をあげるなら配合されている成分も考慮したうえで、選んだほうがいい。

そう思い、育毛剤に配合されている成分を評価して、おすすめランキングを作成しました。

尚、あくまで個人の視点で評価しているので、効果を保証するランキングではありません。

【スポンサードリンク】

1位 チャップアップ

おすすめ育毛剤を成分で評価した比較ランキング!

成分の働き 配合成分 評価
AGA抑制作用 海藻エキス(M-034)、オウゴンエキス、ヒオウギ抽出液、チョウジエキス 8
血行促進作用 センブリエキス、ニンジンエキス、ヒキオコシエキス、セイヨウキズタエキス、
ローマカミツレエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、ビワ葉エキス
ニンニクエキス、ボタンエキス、ジオウエキス、チョウジエキス、
ショウキョウエキス、センキュウエキス
9
栄養補給成分 L-アラニン、L-アルギニン、L-バリン、L-プロリン、グリシン、
 DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L-アスパラギン酸、L-イソロイシン、
L-スレオニン、L-バリン、L-ヒスチジン、L-ピロリドンカルボン酸、L-フェニルアラニン
9
保湿作用 ヒオウギ抽出液、オドリコソウエキス、マツエキス、ヒオウギ抽出液、ゴボウエキス、
海藻エキス(M-034)、シナノキエキス、サクラ葉抽出液、カモミラエキス、ジオウエキス、
ダイズエキス、DL-PCA・Na
10
抗炎症作用 グリチルリチン酸2K、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、
セイヨウキズタエキス、ローズマリーエキス、サクラ葉抽出液、ドクダミエキス、
チンピエキス、ボタンエキス、マロニエエキス、ジフェンヒドラミンHCI、
センキュウエキス、ダイズエキス、トウキエキス(1)、ヒキオコシエキス(1)、
シナノキエキス、
10

薄毛の原因は様々ですが、男性の場合は90%以上がAGA(男性型脱毛症)ですから、その元凶の酵素(5αリダクターゼ)をブロックしなくては効果を得るのは難しいです。
その酵素を働かないようにするのがオウゴンエキス。

さらに、ヒオウギ抽出液が男性ホルモンを抑制するので、運悪くオウゴンエキスで酵素をブロックできなくても、男性ホルモン自体を抑制すれば、脱毛ホルモンDHTも増えなくなる。

また、髪の毛の退行を誘導する因子(FGF5)にブレーキをかける抑制因子(FGF5S)の生成を海藻エキス(M-034)が促します。


血行促進作用、保湿作用、抗炎症作用がある成分の種類が豊富なので、1つの成分が効かなかったとしても、どれか1つが効けばいいわけですから、あらゆる体質の方に効果が期待できる。非常にバランスのとれた育毛剤です。

薄毛・抜け毛予防から遺伝的に心配な方までおすすめ!




2位 BOSTON(ボストン)スカルプエッセンス

おすすめ育毛剤を成分で評価した比較ランキング!

成分の働き 配合成分 評価
AGA抑制作用 アカツメクサ花エキス、アセチルテトラペプチド-3 7
血行促進作用 ピディオキシジル、カミツレ花エキス、レシチン 7
栄養補給成分 モウソウチクたけのこ皮エキス、デキストラン、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、
ダイズ油、クエン酸
9
保湿作用 BG、アマモエキス、褐藻エキス、フラーレン、グリセリン 9
抗炎症作用 カミツレ花エキス、グリチルリチン酸2K、PEG-40水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、
PPG-26ブテス-26、メントール、フラーレン、オレアノール酸、ラベンダー油
10

最近エスロッソから発売された「BOSTONスカルプエッセンス」に配合されている成分がスゴイ。

話題のキャピキシルをはじめ、ミノキシジル誘導体とも呼ばれているピディオキシジル、ノーベル化学賞を受賞した成分フラーレンまで配合されているところに育毛パワーを感じます。

キャピキシルとピディオキシジルはどちらもミノキシジルを意識した成分。
ミノキシジルの3倍の育毛効果があるキャピキシルと、ミノキシジルに似た構造を持つピディオキシジルが、タッグを組んでAGAを抑制する。


ただ少しばかりの疑問2つ、
1つは、キャピキシルとミノキシジルの比較試験が、AGAに侵された毛髪を対象にした試験になっていないところ。(毛を育てる力は証明されているが…。)

もう1つは、血管拡張作用があるミノキシジルには毛包を大きくする作用も確認されているが、ピディオキシジルにそこまでの効果があるのか確認されていないところ。

本来なら、配合成分からして1位に推してもいいぐらいの秀逸な育毛アイテムですが、2位にしました。

発毛を目指したい方におすすめ!



3位 薬用ポリピュアEX

おすすめ育毛剤を成分で評価した比較ランキング!

成分の働き 配合成分 評価
AGA抑制作用   バイオポリリン酸、ヒオウギ抽出液 6
血行促進作用   センブリエキス、ニンジンエキス 8
栄養補給成分   ポリリン酸ナトリウム、酵母エキス 8
保湿作用   1-3-ブチレングリコール、チョウジエキス 8
抗炎症作用 グリチルリチン酸ジカリウム、ユーカリ油、I-メントール 8

AGAの抑制効果は、特許成分のバイオポリリン酸がパワーを発揮するかにかかっている。
ダイレクトに発毛指令を出す毛乳頭にバイオポリリン酸が刺激を与えて発毛を促す。

AGAの元凶の酵素や脱毛ホルモンをブロックする作用は低いですが、これらの脱毛作用で髪の成長を妨げられるより、毛乳頭の発毛指令が勝てばAGA抑制も十分に可能。


さらに、リニューアル後に追加されたヒオウギエキスは、男性ホルモンの抑制作用があり、バイオポリリン酸を強力にサポートします。

頭皮への浸透力を高めた点も評価できるところですね。

薄毛・抜け毛予防を低コストで励みたい方におすすめ!

薬用ポリピュアEXの詳細はこちら⇒ 評価の高い育毛剤「ポリピュアEX」の育毛効果



4位 ビタブリッドC ヘアー

おすすめ育毛剤を成分で評価した比較ランキング!

成分の働き 配合成分 評価
AGA抑制作用    なし 5
血行促進作用    なし 6
栄養補給成分  酸化亜鉛、ビタミンC(アスコルビン酸)     7
保湿作用    ステアリン酸グリセリル   9
抗炎症作用
 ビタミンC(アスコルビン酸)
10

昨年、6月末に日本で販売開始になった韓国発の「ビタブリッドC」が、最近すごく元気。元宮城県知事である東国原英夫氏の自身のツイッターでも、毛が濃くなったと画像つきでツィートされていました。

すでに、販売開始から1年くらいたっているので、効果を実感できた方の体験談もたくさんあって元気いっぱいです。


有効成分はビタミンCと亜鉛だけのシンプルなもの。食事によって摂取したビタミンCが頭皮の届くのは1%にも満たない。また、頭皮にちょくせつ塗布したとしても、酸化して壊れやすいビタミンCは、その効能を活かすことができない。

それを可能にしたのが、世界有望8大技術にも選ばれたビタブリッドC

頭皮に塗布したビタミンCが、12時間ほど継続的に皮膚組織へ働きかけるため、細胞の老化や弱体化を防いで、毛母細胞の活性化を促進します。

とくに頭皮の荒れが気になる方におすすめ!



5位 薬用プランテル

おすすめ育毛剤を成分で評価した比較ランキング!

成分の働き 配合成分 評価
AGA抑制作用 海藻エキス-1、ヒオウギ抽出液 6
血行促進作用 センブリエキス、セファランチン、ビワ葉エキス、ボタンエキス、
ヒキオコシエキス
7
栄養補給成分   なし 5
保湿作用 海藻エキス-1、D-パントテルニルアルコール 10
抗炎症作用 グリチルリチン酸ジカリウム、ボタンエキス、シナノキエキス、
ヒキオコシエキス、BGブチレングリコール
10

M字ハゲタイプを狙い撃ちした育毛剤ですが、配合成分から評価すると、脱毛をブロックするという点では少しパワー不足で、発毛をうながす育毛アイテムです。

円形脱毛症にも有効とされるセファランチンは、単体では評価が高い成分ではないですが、他の育毛成分と掛け合わせることで、脱毛症の改善効果を高める成分です。


ただ、おでこの生え際には脱毛の元凶酵素(5αリダクターゼ)が多く存在する所なので、ヒオウギエキスの男性ホルモン抑止だけでは、過度に期待できないですね。

薄毛が進んでいない方におすすめ!

薬用プランテルの詳細はこちら⇒ M字に効く「薬用プランテル」の育毛効果とは?


最後に!

人気や価格、使用感などは無視して、配合成分の育毛パワーのみで評価してみました。
人によって育毛成分との相性があるので、必ずしも効果が得られるわけではないですが、育毛剤選びの参考にはなると思います。