夏に抜け毛が多いのは、冷たい物と糖分が原因?


夏に抜け毛が多いのは、冷たい物と糖分が原因?

夏に抜け毛が多くなる方は、薄毛予備軍かも?

抜け毛が多くなるのは自然の摂理からすると、秋から冬にかけて。その前の
夏に、抜け毛が多くなるのは、夏バテを起こす生活習慣が原因と考えられます。

暑いとつい冷たいものを食べてしまう。それが胃腸を弱らせることになり、
食欲の低下。体のだるさに繋がってしまう。

夏バテで代謝が悪くなれば、老廃物が体内に滞りヘアサイクルの乱れに
繋がってしまいます。

夏バテが起こす抜け毛増加の原因について考えてみました。


【スポンサードリンク】

夏バテが髪の毛に与える影響!

暑いというだけでもストレスですから、すでに胃腸が弱っている状態。
そこへ口あたりのいい冷たいものを食べれば、さらに胃腸に負担をかけます。

胃腸と髪についてはコチラ⇒胃腸が弱いと薄毛率がアップ!?


食欲もわかないから、髪の材料となるタンパク質も控えめの摂取と
なってしまいがち。

ただでさえ、暑い時期の食材は体を冷やす作用がありますから、冷えから
血行不良を起こして、髪に栄養が届きにくくなります。

また暑いからといって、アイスクリームなどを多く食べていては、
糖分のとり過ぎとなって肥満。

肥満になるだけならいいですが、砂糖を体内におおく取り込むと、
体内のビタミンB群やミネラルが大量に消費されてしまうのです。

これ、薄毛の方にとってはかなりマズイことですよね。
ビタミンB群やミネラルである亜鉛、これがないといくら髪の材料である
タンパク質を多くとっても、髪が生成されにくくなります。

弱々しい毛、コシのない抜けやすい毛ばかりになってしまったら、
抜け毛がドンドン増えてやがてハゲ。確率は極めて高くなります。




すでに夏バテになってしまったら回復に努めましょう!

タンパク質やミネラルが豊富に含まれているものを食べて、体力を回復
させることが髪や頭皮にとっても大切。

薄毛の場合、髪に効く栄養素を合理的にとることは絶対条件ですね。
髪に効く栄養素をおおく含む食材は以下です。

ビタミンA…人参・のり・しその葉・かぼちゃ・うなぎ

ビタミンE…玄米・アーモンド・キウィフルーツ・ほうれん草

ビタミンB群…レバー・椎茸・玄米・ごま・大豆

ビタミンC…ゴーヤ・レモン・いちご・ピーマン・緑茶

DHAEPAいわし・さば・さんま・かつお

アミノ酸…鶏肉・かつお・納豆・米

亜鉛…かき・大豆・レバー・卵黄

銅…かき・するめ・ごま・納豆

鉄…海藻・ほうれん草・めざしの煮干し


食事から摂れなければ、不足分はサプリ等を利用しましょう。

もちろんサプリだけに頼るのは、育毛にとってもNGですから、
全体のバランスを考えて出来るだけ食事から摂ることが大切です!


関連記事