ふくらはぎマッサージで生え際の血行不良を改善して薄毛ストップ!


薄毛・ハゲの方の多くは、頭皮が硬い・弾力がない、そういった事から
頭皮の血行が悪いと言われています。

そのため、マッサージをして頭皮を柔らかくし、血行を良くして薄毛を
改善しようとされる方もおられるようですが、やり過ぎて逆効果になる
事のほうが多いようです。


頭皮の血行が悪いということは、体全体の血行も悪い可能性が高いですから、
デリケートな頭皮をマッサージしてリスクを負うより、体全体の血行を
良くする事に努めるほうが合理的。

このよう思い、ラクして簡単に血行促進を図れるふくらはぎマッサージを
紹介します。

【スポンサードリンク】


ふくらはぎは第二の心臓!

体内の血液をスムーズに循環させるために、ふくらはぎは重要な
ポンプの働きをしていることから、第二の心臓と呼ばれています。

仕事で、一日中立ちっぱなし、または座りっぱなしの人は、ふくらはぎの
筋肉が凝り固まって、ポンプ機能が低下します。

立ちっぱなしは重力に逆らっている状態。
座りっぱなしはお尻から下がうっ血している状態。

どちらも心臓へ血液を送り返しにくくなり、老廃物が滞りやすくなります。



ふくらはぎマッサージの効能!

体内の血行を良くするには、日常からウォーキングなどの軽い運動が良いと
言われていますが、それはふくらはぎなどの筋肉をほどよく強化できるからです。

そうは言っても、毎日のウォーキングは働き盛りのビジネスパーソンにとって、
非常に難しいと感じておられる方が多いことでしょう。

それならば、ふくらはぎのポンプ機能を補助してやれば、血液循環が良くなる。
いつでも簡単にできるふくらはぎマッサージが合理的。

ふくらはぎマッサージは、以下の事に効果があります。


冷え性・食欲不振・肝臓病・足のむくみ・ホルモンの失調・お腹の張り
・膨満感・月経不順・更年期障害・便秘・排尿困難



ふくらはぎマッサージのやり方!

ふくらはぎマッサージのやり方はいろいろありますが、運動を全くしない
・継続することも苦手な私がパソコン作業の合い間に行っているのは、
椅子に座ったまま自分で出来るマッサージ法。

ふくらはぎマッサージで生え際の血行不良を改善して薄毛ストップ!
・内側 

内側のふくらはぎを片方のひざに添えるようにあて、上下に押し付けるように動かす。痛いところがあればそこを中心にほぐしていく。

・外側

上の足のふくらはぎの外側が、下のひざにあたるように深く足を組む。上の足を上下に動かして、痛いところがあればそこを中心にこすり合わせる。

・裏側

上の足のふくらはぎの裏側に下のひざがあたるように足を組み、ふくらはぎの内側や外側と同じように上下に動かして、ふくらはぎの裏側をマッサージする。
慣れないと力加減がすこし難しいですが、慣れてしまえばいつでもどこでも
空いた時間にでき、血液循環機能を高められます。

さらに、ふくらはぎを撫でたりさすったりして、しこりや痛みがある部位によって、
体の悪いところもチェックできます。

・ふくらはぎの内側

肝臓病・冷え性・月経不順・ホルモンの不調・更年期障害・便秘など

・裏側=アキレス腱から後ろの中央 

動悸・息切れ・頭痛・イライラ・不眠・神経痛・腰痛・むくみ・膀胱炎など

・ふくらはぎの外側

頭痛・肩こり・腰痛・めまい・耳鳴り・肋間(ろっかん)神経痛・膝の痛みなど


髪・頭皮への影響!

血液循環の悪い状態がながく続けば、栄養・酸素・老廃物の流れも悪くなり、
とうぜん髪や頭皮にも悪影響が出る。

血液のよって排出される老廃物が滞れば、むくみといった症状の原因になり、
それが頭皮に現われると薄毛促進。

首・肩こりなどの原因にもなるむくみは、心臓から頭皮につながっている
血管の重要な中継ポイントの血行不良となり、
栄養・酸素が頭皮に行きにくくなってさらに悪循環。

また、血液循環が悪いことで、体のどこかに異常が出れば、それを修復しようと
頭皮に行くはずだった栄養が使われ、育毛に悪影響が出る。



最後に!

健康体であってこその育毛。

頭が痛いからといって頭痛薬を飲めば、その時は痛みが治まるが、
またすぐに痛くなる。
頭痛は体のどこかが悪いという脳からのサイン。

そのサインばかり処置しても本質となる異常がある箇所を処置しなくては、
いつまでたっても頭痛が再発します。

頭皮の血行が悪いのもそれと同じで、頭皮が硬いことばかりに目を
向けていては、本質的な改善は難しいのではないでしょうか!