女性や未成年の薄毛の増加は「DHA・EPA」不足が原因?


青魚に多く含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)には、様々な病気の予防に役立つとして注目されています。

さらに、このDHAEPAの特徴から、不足すると薄毛に繋がる可能性がありますから、ヘアケアに努めるのであれば、押さえておくべき栄養素。

不飽和脂肪酸のDHAEPAは、人の体内で作ることのできない栄養素ですから、食事などから積極的に摂る必要がありますが、近年の食生活の変化から不足が心配される成分です。

それが女性や未成年の薄毛の増加にも、影響しているようです。
DHAEPAについてまとめましたので、よかったら参考にしてください。

【スポンサードリンク】

女性や未成年の薄毛の原因?

近年、薄毛化が進む日本において、女性や未成年でも薄毛に悩む方が多いですが、その原因は、男性ホルモンが引き起こすAGA(男性型脱毛症)とは異なり、

無理なダイエットによる栄養不足、
カラーリングやパーマによる髪へのダメージ、
肉類を多く食すことで、血液がドロドロになり血行不良、

これらのことが原因と言われています。

中でも、近年の欧米化した食生活で、肉中心の食事に変わったため、DHAEPAをたくさん含んでいる青魚をあまり食べなくなったことが、髪にも影響しているようです。

DHAEPAは血液をサラサラにする作用があり、髪の成長には、毛根に十分な栄養を届けることが重要ですから、育毛には大切な成分です。

DHA・EPAの育毛効果!

DHAEPAには、悪玉コレステロールを抑える、中性脂肪を減少させる、血液をサラサラにするなどの働きがあると言われています。

・体内の脂量を減らすことで、頭皮の過剰な皮脂の分泌が抑えられる。
新陳代謝を促すことで、ヘアサイクルの正常化。
血液がサラサラになることで、血液の循環が良くなり頭皮に栄養が行き渡る。

このような効果があることから、DHAEPAは育毛効果が期待できます。

特に、女性や未成年の薄毛・抜け毛対策には有効な成分。
当然のことながら、成人男性の薄毛・抜け毛対策にも、積極的に摂取しなければいけない成分です。

血行不良から抜け毛が増加している場合、DHAEPAを摂取することによって、薄毛が改善される可能性があります。



DHA・EPAのすばらしい効果!

DHAEPAには、以下の効果・効能もあり、健康のためにも欠かせない栄養素です。

血栓の抑制・動脈硬化の予防・高血圧の抑制・記憶力の向上・視力低下の抑制・高脂血症の改善・運動能力の向上・アレルギーの改善・抗炎症作用・アトピーの改善・更年期障害の予防・ハリのある美肌効果・慢性関節炎の改善・イライラの解消・老人性痴呆症の予防などです。



最後に!


肉類を摂取することは、髪のもととなるタンパク質を多く摂取できますから、育毛に悪いわけではないです。

ただ肉類に偏った食事は、血行が悪くなりやすく、様々な病気を引き起こす原因になりますから、同じタンパク質を摂るにしても、魚類を中心にした食事を心掛けることが、育毛と健康に大切なことです。