薄毛・脱毛の前兆の可能性が高い症状

薄毛・脱毛の前兆の可能性が高い症状

薄毛・脱毛には必ずその兆候があるものです。

その前兆にいち早く気付いて対策すれば、薄毛の進行を抑えることが
出来ますが、前兆に気付かずまたは、気付いても何も対策しなければ、
アッという間にハゲ、

そういった方も多いようです。

薄毛が進行してから、ミノキシジル(リアップなど)やフィナステリド
(プロペシアなど)で発毛に挑戦しようと思っても、すべての人に
発毛効果があるわけではないですから、注意深く前兆となる症状を
チェックすることが大切です。


失った髪は戻ってきませんから、薄毛・脱毛の前兆となる症状を
あげてみました。よろしければ参考にして下さい。

【スポンサードリンク】

抜け毛が多い

抜け毛の増加は、「もしかしてハゲになるのでは?」と誰もが不安になる
症状ですが、季節によっても抜け毛の量は違います。

基本的に秋はもっとも抜け毛の多い季節ですが、それ以外の季節で抜け毛が
多くなったら要注意。

1日のうちで、髪の毛がもっとも抜けやすいのは、洗髪時ですから
シャンプー後、排水溝にたまる抜け毛の量をたまにはチェックしましょう。

成人男性の平均的な抜け毛本数は、150100本程度と言われていますが、
これには個人差があると思います。

私の経験上、20代の頃は髪の量が多くフサフサでしたが、髪をかきあげれば
10本ぐらいは指に抜け毛がついてくるほど、抜け毛の量が多かった
おぼえがあります。

もともと抜け毛が多い人は、髪の成長期(3~5年)の周期が短く、抜けた
毛根からまた正常に髪が生えればいいのですが、それが何かの原因で
生えなくなった場合に薄毛。

その確率は高いと思いますから、もともと抜け毛が多い人は要注意です。


頭皮が以前より硬くなった

弾力のない硬い頭皮は、血行が悪くなりやすい。

頭皮の硬さも個人差がありますが、以前より硬く感じたり、弾力が
なくなったりした場合は要注意。

頭皮の毛細血管に血液があまり行き届いていないことで、柔軟性が
なくなります。またブヨブヨした頭皮も、老廃物の排出がスムーズに
行われていない可能性があり、注意が必要です。

頭皮の硬さは部位によって異なりますが、頭頂部・前頭部を
チェックしてみましょう。

・指の腹で頭皮をかるく押す。

・指で頭皮を前後に動かす。

その時に硬く感じる・痛みがある・可動性がないようなら要注意です。


毛髪の異常

正常なサイクルで抜けた毛髪は、太さがほぼ均一で根本部分が
膨らんでいます。

ところが、膨らんでいるはずの根本部分が、あまり膨らんでいない
といった抜け毛が多くみられる。

または、抜け毛の中に細くなっている部分、楕円のように太くなっている
部分など、いびつな毛髪が混ざっている。

そういった場合は、毛根が正常ではない可能性があり、毛母細胞の活性が
低下していることが考えられます。


フケとかゆみ

フケは、新陳代謝によって頭皮の角質細胞が剥がれることで出るもので、
それ自体は問題ありません。

しかし、フケが以前より多くなった。または頭皮にかゆみを感じると
いった症状のある人は注意が必要。

フケが多くなるということは、頭皮に何らかの異常が発生している可能性が
高いと考えられます。

頭皮には、皮脂を食べてくれる常在菌がいますが、皮脂の分泌が増えると、
それを好む常在菌が増殖します。

増殖した菌が頭皮を刺激し、皮膚の新陳代謝の周期が短くなり、
フケが多くなります。多量のフケが皮脂や汗と混ざることで、頭皮に
炎症を起こす細菌やカビが繁殖しやすくなり、かゆみを引き起こします。


まとめ!

薄毛・脱毛の前兆は以下の原因が考えられます。

毛周期の短縮化

血行不良

頭皮環境の悪化

毛母細胞の低下

成人男性の脱毛は、95%がAGA(男性型脱毛症)と言われていますが、
その他にもストレス・悪い生活習慣・偏った食生活なども、
脱毛の原因になります。


薄毛が進めば、育毛剤・育毛シャンプーなどの育毛商品に頼ることも
必要になりますが、脱毛の前兆に気付いたら外側のケアよりも、内側の
ケアを優先することの方が重要に思います。