M字ハゲは髪が全然生えない!



発毛効果が公に認められている「ミノキシジル」や「プロペシア」を使用しても、
前頭部の生え際に全く効果がない。
こう思われている方は多いのではないでしょうか。

数年間、「リアップX5」を愛用している私も、M字ハゲタイプですが、
前頭部の生え際に全く効果がありません。
前頭部から髪が再生されないのには、大きな理由がありました 。


【スポンサードリンク】

前頭部は特に髪が育ち難い

AGA(男性型脱毛症)に大きく関わっていると言われている還元酵素5αリダクターゼは、
Ⅰ型よりもⅡ型5αリダクターゼのほうが脱毛の作用が強いと言われています。

前頭部は、そのⅡ型5αリダクターが主に存在している部位ですから、
髪が育ちにくく、薄毛が進行しやすい。

また、前頭部は意外と毛細血管が少ないのです。
このことから、髪の生成に必要な栄養や酸素の供給が少なくなりやすいのです。



毛乳頭細胞の不活化

髪の根元に位置する毛乳頭細胞は、髪の毛に栄養や
酸素などを送るように司令を出しています。

髪が抜けた時にも、新しい髪を生やそうと、指令を出す役割も担っている
毛乳頭細胞が弱っていては、髪が生えない、又は生えている髪も弱々しくなり、
健康な髪に育たないのです。

これを活性化させるには、FGFと呼ばれるたんぱく質が必要となります。
「ミノキシジル」には、FGFを増やす働きもありますが、
この物質はあまり丈夫でないため、数時間で使い物にならなくなってしまいます。



「ミノキシジル」のみで髪は生えない

「ミノキシジル」に発毛効果があることは、日本皮膚科学会によって発表されていることからも間違いないですが、問題なのは皮膚から浸透し難いことです。

頭皮には皮脂があり、これが育毛剤の浸透を阻んでしまうため、毛根まで届きにくいのです。

いくら発毛効果が期待できる「ミノキシジル」でも、毛根まで届かなくては効果がなくて当然のことです。

これらのことから、「ミノキシジル」を使っても、
M字ハゲの生え際から髪が生えない原因と考えられます。



育毛に全く効果がないわけではない

無くなった髪を再生させる効果がなくても、今ある髪を長く保つことが出来れば、
ハゲにならないのですから、薄毛の進行を食い止める作用があればいいのでは…

私は「リアップX5」を使用していますが、それと同時に「シナモンパウダー」も
摂取して数年経ちます。

その間に抜け毛が増加したのは、去年の一時期だけ、発毛はないですが、
現状維持に効果があるのですから、これからも「リアップX5」を継続するつもりです。
今ある髪をケアする、そんな地道な努力も育毛には大切なことだと思います。


薄毛に効く「ホホバオイル」、間違わない為に特徴と注意点をまとめてみた!