リアップX5プラスに進化!育毛の向上点はコレだけ!?

リアップX5プラスに進化!育毛の向上点はコレだけ!?

「リアップX5」がリニューアル、「リアップX5プラス」と
なって2015105日から発売。

プラスというくらいですから、確実に育毛力が進化しているのでは?
と想い、チェックしてみたら意外と地味。

リアップシリーズは日本で唯一の発毛剤ですが、発毛力をアップさせたわけではなく、
使用感をよくするためのリニューアル。

リアップX5は使用感の悪さが不評ですから、シリーズで使用感に高評価を得ている
リアッププラス、ジェット、リジェンヌに含まれている成分を追加配合しただけ。

唯一、シリーズで初めてとなる成分は「ピリドキシン塩酸塩」。
毛穴の皮脂づまりを防ぐために配合されているのだとか、

実はこの成分は代謝を助ける「ビタミンB6」ですから、
ちょくせつ頭皮への浸透を高めるものではないですね。

リアップX5になって何が変わったのか、
X5とジェットの使用経験から、向上した点をまとめてみました!

【スポンサードリンク】

今回、追加配合された有効成分!

リアップX5プラスローションに進化!育毛の向上点はコレだけ!?

3つの発毛サポート成分>
(1)ピリドキシン塩酸塩:ミノキシジルの浸透を妨げる毛穴の皮脂づまりを防ぎます
(2)トコフェロール酢酸エステル:頭皮の炎症・においの原因となる過酸化脂質の産生を抑えます
(3)l -メントール:炎症・かゆみを抑えるとともに清涼感を与えます

引用元:大正製薬


この中で、リアッププラス、ジェット、リジェンヌにも配合されているのは、
「トコフェロール酢酸エステル」と「l -メントール」。



リアップX5からの改善点!

向上した点というより、X5の使用感の悪さは不評だったので、
ようやく改善したのといった感じ。その理由は下記

・塗布後、髪がベタつく

・塗布後、時間がたつと髪がバキバキになる

・使用中はなんとなく頭皮がかゆい

しかしこれらはリアップジェットでは改善されていたので、
同様の成分が配合されれば済むこと。

それが今回のリニューアルで、ジェットにも配合されている
「トコフェロール酢酸エステル」と「l -メントール」が配合されて改善。

直接的な発毛パワーの向上ではないですが、愛用者にとっては
かなり嬉しい追加配合だと思います。

参考↓





ピリドキシン塩酸塩とは?

ピリドキシンはビタミンB6と呼ばれる水溶性のビタミン。
タンパク質の代謝や皮膚の抵抗力を助けるので、ニキビの予防効果などの
肌荒れを防ぐ働きがあります。

塩酸塩は、化学的な合成で作られたピリドキシンの安定性保持のために、
ピリドキシン塩酸塩として用いられる。

主な働きとしては、血液抗凝固作用やタンパク質の代謝促進作用などがあり、
アンチエイジング効果や湿疹、接触皮膚炎、末梢神経炎などの改善効果もあります。

育毛にメリットのある成分には違いないですが、
育毛パワーの向上というより、育毛を間接的にサポートする成分ですね。



リアップX5プラスの詳細!

価格は据え置き、容量・用法ともにX5と同じです。

製品区分:1類医薬品 発毛剤

希望小売価格:7,048円(税抜)

用量・用法:60mL1ヵ月分) 1日朝晩2回塗布


配合成分(100mL中)
 ミノキシジル  5.0 g
 ピリドキシン塩酸塩   0.05 g
 トコフェロール酢酸エステル  0.08 g
 l -メントール  0.3 g

添加物
セタノール、1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、
リン酸、エタノール
※セタノールのみ追加、毒性や刺激のない高級アルコールで
安定性を保つために用いられる添加物。

使用上の注意はこちら



最後に!

毎日使うものですから、使用感が向上した点については好感がもてます。
ただ、育毛効果が向上しているかといえば、特別に期待できるレベルではない。

リアップの主成分であるミノキシジルは、FGFを増やして毛包を大きくし、
発毛を促す成分なので、脱毛の抑制には弱い。

そういった欠点があり、生え際の改善効果が低いですから、
個人的にはこのウィークポイントを何とか頑張ってほしかったですね!